若いのにハゲる理由は?

抜け毛が気になる男性

10代~30代の若年層のハゲは「若年性脱毛症」、いわゆる若ハゲと呼ばれていますが、遺伝による原因が多いものの、そのほかは生活習慣の乱れなどによって引き起こされるものです。

ハゲに悪影響を与える原因について知ることで、それぞれの原因にあった対策を行うことが重要です。

食生活

仕事が忙しくなってコンビニや外食などで食事を済ませてしまうと、食生活が乱れがちになってしまいます。

髪にとって必要なタンパク質、ミネラル、ビタミンなどは髪の成長を妨げる大きな原因となってしまいます。これらの栄養分が不足してしまうことがハゲの原因となってしまいます。1日3食バランスよく食べること、また納豆やごまを毎日食べるとこれらの栄養素を簡単に摂取することが可能です。

また、ラーメンや揚げ物、ファーストフードやお菓子など塩分・油分が多く含まれる食べ物を食べすぎるのもハゲの原因となってしまいます。油分によって頭皮の環境が悪化したり、血行が悪化することで髪の生育に悪影響を与えます。

過度な飲酒も良いことではありません。髪の毛を成長させるために使われる必要アミノ酸が、アルコールを分解するために使われてしまうために髪の栄養が不足してしまいます。油っぽいおつまみなどを食べ過ぎてしまうことも良いことではありません。

ストレス、睡眠不足

仕事などでストレスを貯め込んでしまうと、男性ホルモンが多く分泌されることとなります。この男性ホルモンは脱毛ホルモンとも呼ばれる「ジヒドロテストステロン」を生成してしまうため、ストレスがハゲに繋がってしまいます。

ストレスは血管を収縮させる原因ともなります。必要な栄養素が運ばれなくなり、ハゲへの原因となります。趣味を行ったりするなど、自分にあったストレスの発散方法を見つけておくことが重要と言えます。

また、ストレスを改善させる一つの方法として、質の高い睡眠をとるように心がけることが効果的です。寝る直前にスマホやパソコンを見ないようにしたり、寝る前に暖かい飲み物を飲んでリラックス効果を高めるなどが効果的となります。

運動不足

脱毛ホルモンと呼ばれている「ジヒドロテストステロン」は、汗とともに体の外に排出させることが可能です。このため、運動をしている人はハゲにくいと言われています。

逆に運動不足な方は、血行が悪くなる傾向にもあるためハゲの原因となってしまいます。有酸素運動を定期的に行ったり、通勤などでは出来るだけ歩くようにするなど心がけるとよいでしょう。また、サウナや入浴で効果的に汗をかくことも大切です。

喫煙

喫煙は血管を収縮させてしまうため、血行が悪くなってしまいます。血行が悪くなると毛の育成に必要な栄養分が行き渡らなくなってしまい、ハゲへとつながってしまいます。

また、髪や頭皮を育成するために必要なビタミンが、たばこに含まれる成分によって破壊されてしまうため、ハゲによくない結果となります。

一気に禁煙をするのは難しいと思いますが、たばこを軽いものに変更したり、吸う頻度を抑えるなどの対策が効果的です。

頭皮の環境

頭皮の環境を整えておくことがハゲ対策となりますが、炎症を起こしてしまったりフケがたまった状態が続くと、それらが原因で髪が抜け落ちてしまう可能性があります。

刺激の強いシャンプーを使ったり、頭皮を強く洗いすぎてしまうと頭皮の環境を乱してしまうと言われています。自分にあったシャンプーを見つけたり、頭皮を優しく洗うことが重要となります。

また、整髪料やヘアカラー、パーマなどによる刺激にも注意が必要です。頭皮への刺激となったり、汚れが毛穴に詰まったりすることが考えられますので、適切なケアを行うように心がけましょう。

ピルの使用

ホルモンバランスを整える目的でピルを利用している女性も、実はハゲの原因となってしまう場合があります。女性ホルモンが抑制され、相対的に男性ホルモンが活性化してしまうことからハゲの原因へとつ繋がってしまう可能性があります。

頭皮のケアを定期的に行うなどして、普段から頭皮環境を整えておくことが対策と言えます。

過度なダイエット

女性に多いかもしれませんが、過度なダイエットもハゲの原因となってしまう場合があります。食事制限によって必要な栄養素を摂取できず、髪の育成によくない可能性があります。

また、ダイエットを行うことで気付かないうちにストレスを感じてしまう場合があります。ストレスもハゲの原因となってしまうため、無理のないダイエットを行うことが重要となります。

おわりに

遺伝のほかにもハゲの原因は様々で、特に10代~30代の生活環境、ストレスなどが原因となっていることが分かりました。
日ごろから食生活や頭皮ケアなど簡単に取り入れられる対策を行い、出来るだけ若ハゲにならないように心がけることが重要です。

また、遺伝とはいえ諦めず、頭皮ケアを行うことで抑制することも効果的です。それぞれの原因にあった対策を行うことで、適切な対処を行うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です